うみかぜホースファームのなかまたち


アルマ ♂-

1998年4月4日

母:クー 父:ポコチ

与那国産まれ。

与那国の馬広場の創始者(馬)ポコチの血を引くイケメンで、ほれぼれするほどのルックスの良さはおじいちゃんになっても健在。性格は相変わらずチャカチャカしてますが、それでも最近は、年齢相応に落ち着いてきました。おじぃだけど走るの大好き! とっても滑らかな走りが特徴です。

ハル ♀

1999年3月23日

母:ピカ 父:ピンタ

与那国産まれ。

目の傷と皮膚のアレルギーにも負けず、元気で多産なハルちゃん。傷のせいで顔は怖いけど(笑)、マイペースでのほほんとした性格のためか、子供のファン多し。2018年夏より、皮膚のアレルギーの傷療養のため本島に移動。みるみるうちに傷は良くなり、今や馬クラブの子供たちのアイドルです。

トゥバル ♂- 2017年他界

2001年3月18日

母:クー 父:ラッキー

与那国産まれ。

沖縄本島の牧場の創始者(馬)3頭のうちの1頭。5歳で本島に来てから八面六臂の大活躍で、今の「うみかぜホースファーム」を支え続けた功績馬です。頭が抜群に良くて、ヨナグニウマで初めて馬場馬術の大会に出場し、優勝した馬でもありました。あんまりエライお馬さんなので、そのうち銅像ができるかも?(笑)

ユウナ ♂-

2001年4月2日

母:ヨッシー 父:ラッキー

与那国産まれ。

本島創始馬の1頭。オスですが、女の子みたに優しい顔なので花の名前になりました。こども、しょうがい者、上級者の乗馬から雑誌のモデルまで、なんでもござれのスーパーヨナグニウマ。フォトジェニックなルックスと穏やかな性格でモテモテなのですが、食いしん坊で横綱級にお腹が出ているのが玉にキズ。生真面目すぎて、ストレス食いに走っているのです(笑)

ルパ ♂-

2001年5月13日

母:オードリー 父:ラッキー

与那国産まれ。

トゥバル、ユウナと並ぶ本島創始馬。色黒で童顔、甘えん坊な性格で母性をくすぐります。走るスイッチが入るとめっちゃ速い! けど、ふだんはのんびり屋さんです。ユウナととっても仲良しで、牧場にいるときは2頭でグルーミングしている姿が頻繁にみられるはず。ニンジン大好き、変顔でおねだりします。コワイ顔だけど、許してあげてください。

秋華(シュウカ) ♀

2008年5月2日

母:フーコ 父:ギン

与那国産まれ。

昔の名前は「シュウ」。いつも男の子に間違えられてしまうので、女の子らしい名前に変えました。今は亡き名馬フーコの血を引く色黒プリンセス。物おじしない性格の頼れる姉貴です。初心者から上級者まで、自動運転かと思うぐらい操作性がいい(?)お馬さん。しかもターボ搭載で、駆歩速い! すでに名馬の呼び声も高い期待のお嬢様です。

プラナ ♀

2008年5月19日

母:ヨッシー 父:吟

与那国産まれ。

ユウナの妹でかわいい顔をしているのに、なぜかいつも写真映りが悪い女の子。インスタ映えしないなあ(笑)。しっとり女の子っぽい性格で、甘えるときはとてもかわいいけれど、なぜだかご機嫌斜めなことも。人(馬)生いろいろあるよね。安定した走りで、走るの大好きな子供たちに人気です。

ティグミ ♀

2009年5月7日

母:ティン 父:ソンショウ

与那国産まれ。

ちょっと発音しづらいですが、与那国の方言で「大事なもの」という意味の素敵な名前を持つティグミちゃん。得意技はどこでも寝ること。写真でも、浮き輪をかぶりながら寝てますね(笑)。天然というかノーテンキというか、凡人には理解できない天才的な性格をもつ(笑)チャーミングな女の子です。

ルンタ ♂-

2009年6月10日

母:ハル 父:ソンショウ

与那国産まれ。

チベット語で「風の馬」という素敵な名前を持つ馬です。ヨナグニウマのなかでも大柄で背が高く、ライオンヘアーのイケメン馬。母ハルに似てのんびり屋さん、走るのキライ(笑)。悪知恵が大得意で、杭を抜いたり柵を抜けたり、いろいろやらかします。そういう意味で要注意人物(馬)なのです。

カンタ ♂-

2011年1月22日

母:ハル 父:パーカー

与那国産まれ。

ルンタの兄弟で、見た目がそっくり! なのに、なぜかイケメンではありません。どうしてかな? いつもヌボーっとしているところが母性本能をくすぐるらしく、女の子に大人気です。これまた走るのキライ、馬同士で遊んでいる時は超高速で走るのに、人間が乗るとどうして??? こののんびりした性格を生かして、しょうがい児の乗馬などに活躍しています。

サンゴ ♀

2014年3月14日

母:サンニン 父:パーカー

与那国産まれ。

NHKの「カラフル」という番組で主人公のパートナーとなったお嬢さんなのです。まだ若いので調教途中。お客様の乗馬には出動しませんが、スタッフが乗ったりしています。ユウナの親戚で、ルックスは抜群。かわいい女の子です。そして人懐っこい! 人が近づくと、馬と遊んでいても人の方に寄ってきますよ。

駿(シュン) ♂

2015年3月27日

母:シュウ 父:パーカー

与那国産まれ。

なぜか男の子なのに女の子っぽい名前(フウカ)だったので、お母さん(秋華)と一緒に改名しました。体格よし、度胸もよし。名馬フーコの血筋で色は黒っぽく、精悍なルックスです。祖母フーコ、母秋華と並ぶ名馬になるかな? 乞うご期待! 2019年4月に与那国島から本島にやってきた新入りです。


その他のなかまたち


ジョナサン(ジョナ)♂-

2011年1月25日

母:ラブラドール 

父:スタンダードプードル

体重40キロのおっっきな身体。初めてみる方はその大きさにビックリされるのですが、とっても気が優しいワンちゃんです。ボール遊びが大好きで、大きな声で吠えるのは「ボールで遊んで~!」の意味。遊びだすとキリがないので、適当なところで無視してください(笑)。

ルネ ♀

年齢・出自不詳(たぶんジョナサンと同じぐらいの歳)

 

保護団体ワンズパートナー出身。怖がりなので、出会いの時は吠えるかも…その点は保護犬なので許してあげてください。ビクビクちゃんなので、近づく時はそーっと、背を低くしてくださいね。すぐに甘えてきますよ。優しくなでられるのが大好きなので、慣れたらおねだりされるはず。片足がちょっと悪いけれど、しょうがいをまったく感じさせないほど元気に走ります。飼い主はスタッフなので、スタッフと一緒に出勤・退勤します。

トム ♂-

2009年~2019年5月

怪我をしていたところを馬クラブの子供に拾われたラッキーな猫さん。以来、牧場の営業部長として立派に活躍していました。子供たちが来ると、「撫でていいよ~」とばかり出動する姿はスタッフのカガミで、新人スタッフが見習うべき存在でした。年を取って鼻を怪我し、それがもとで体が弱っているな、と思っていたある日、お散歩に出たまま帰ってきていません。弱った姿を見せない、どこまでも立派な猫さんでした。合掌。

トラキチ ♂-

2017年??

文字通り「橋の下で」拾った猫。トゥバルが亡くなった翌日、ニライカナイ橋の下で声を限りに鳴いていたところをスタッフが拾いました。性格はとにかく野性的で自己主張が強い! トゥバルにそっくり(笑)なので、スタッフは生まれ変わりと信じてます(^^)/ 牧場のお山の大将でいばっていますが、鶏のシロコには頭が上がらず、ご飯を取られて泣いています。

 夕方、犬の散歩にも一緒に出かけてくれる、なかなか珍しい猫さんです。トムの後を継いで、営業部長になれるか???

シロコ ♀

2013年??

牧場でいちばんチビなのに一番いばっているチャボの女の子(おばあちゃん?)です。猫のエサも犬のエサも、ぜーんぶシロコのもの! とばかりに犬猫を追い払い、ものすごい勢いでキャットフードを食べる姿は化け猫ならぬ化け鳥そのもの

? とはいえ、お尻をふりふり歩く姿には思わず微笑んでしまいます。ときどき、お客様の車の下で休むので、車を動かすときは一回下を確認してくださいね。